あだち充 ナインのストーリーと登場人物

あだち充 ナインのストーリーと登場人物

名門青秀高校へ入学が決まった新見克也は、親友の唐沢進と一緒に野球部の試合を見学に出かける。その途中、電車で、美女が痴漢される現場に出くわしたが、美女は一睨みで痴漢を撃退する。

 

痴漢撃退の美女、痴漢と球場で再会した新見たちは、その痴漢が全国中学野球大会優勝投手の倉橋永二だと分かる。中学時代、マウンド上の倉橋は輝いて見えたが、今の倉橋はとても同一人物とは見えない。

 

試合は青秀高校のコールド負け。それを見て痴漢撃退の美女は落涙しつつ立ち去る。新見たちは名も知らぬ彼女のために野球部入部を誓うのだった。

 

こうして、中学陸上短距離記録保持者の新見、中学柔道県大会個人優勝者唐沢、全国中学野球優勝投手倉橋、および痴漢撃退の美女中尾百合(青秀野球部中尾監督の娘)の高校生活が始まる。

 

野球漫画、そしてあだち充漫画の中でも、強打者もしくは投手が主人公というのが定番だが、ナインはセンターを守る俊足1番バッターが主人公という設定である。

 

あだち充 ナインの主な登場人物

 

新見克也(にいみかつや) 青秀高校野球部員。中学陸上短距離(100m及び200m)の記録保持者。1番センター。好物は五目寿司。克也の父親と倉橋の父親は、高校時代バッテリーを組んでいた(甲子園選抜大会で優勝)。
中尾百合(なかおゆり) 青秀高校野球部マネージャー。野球部監督の一人娘。
唐沢進(からさわすすむ) 青秀高校野球部員。中学柔道県大会個人優勝の経歴を持つ。5番ライト。
倉橋永二(くらはしえいじ) 青秀高校野球部の左腕エース。トラック運転手の父親と二人暮らし。
安田雪美(やすだゆきみ) 青秀高校陸上部員。中学時代から克也に憧れていた。