あだち充 タッチのストーリーと登場人物

あだち充 タッチのストーリーと登場人物

上杉達也、上杉和也は一卵性双生児。しかしスポーツも勉強も真剣に取り組む弟の和也に対して、何事にもいい加減な兄の達也。そして隣に住む同い年で幼馴染みの浅倉南。そしてお互いがお互いを異性として意識し始める。物語のスタート時、3人は中学3年生である。3人は同じ微妙なトライアングルのまま高校へ進む。「甲子園に連れて行って」という南の夢を叶えるため1年生で野球部のエースとなり活躍する和也だったが、地区予選決勝に向かう途中で交通事故死。そして達也は和也の「南の夢を叶える」という夢を継ぐため野球部に入部することになるが…。

 

あだち充 H2の主な登場人物

 

上杉 達也(うえすぎ たつや 物語当初は、双子の弟の和也と正反対で勉強もできず、面倒くさがりのため運動不足と、ひどくいい加減な性格に描かれている。また、軽口や皮肉めいた言い回しも多く、この適当でつかみ所のない性格は和也の死後も変わることはなかった。 よく周りから和也と比べられて、「弟にすべていいところをとられた出がらし」とまで言われていたが、浅倉南や和也は、達也の能力をよく理解していた。実際やる気になれば、足の速さは和也と互角以上であり、南は、達也のほうが速いと思っていた。何事も本気でやらなかったのは、自身の欲のなさと南のことを本気で好きな和也と競う気がなかったためのようだ。
上杉和也(うえすぎ がずや) 達也の双子の弟。天才肌の兄とは対照的に、努力家で負けず嫌い。また性格は穏やか、端正な顔立ち、成績優秀、スポーツ万能で野球部のエースと、非常にモテる設定。小さい頃より南に一筋だが、南が達也のことをひそかに想っていることにも気づいている。南の「甲子園」という夢を叶えるために野球部に入りピッチャーとして日夜練習に励む。しかし、高校1年生の夏の甲子園予選大会決勝の朝、球場へ行く途中に、子供を庇ってトラックにはねられ死亡してしまう。
浅倉 南(あさくら みなみ) タッチのヒロイン。当初は野球部マネージャーのみだったのだが、新体操部キャプテンが大会直前にケガをしてしまい、ピンチヒッターとして競技会に出るもいきなりの3位入賞を果たしてしまう。そして新体操界の期待の新星として世間の注目を浴びることになる。絶えず野球部のマネージャーに戻りたい意思を表明するも、新体操をし続けることになる。ちなみに、原作版最終回ではインターハイ個人の部で優勝している。