あだち充 ラフのストーリーと登場人物

あだち充 ラフのストーリーと登場人物

 

あだち充の『ラフ』(ROUGH)は、高校競泳界をテーマとした少年漫画。
私立栄泉高校水泳部所属の大和圭介と二ノ宮亜美。2人の実家は共に和菓子屋で、祖父の代からライバル同士だった。誤解もあり最初は仲が良くない2人だったが、その後の様々な事件を経て、徐々にひかれ合っていくことに。亜美が兄のように慕い、いいなずけでもある日本記録保持者の仲西弘樹と圭介と亜美の三角関係がどうなるのか…。

 

あだち充 ラフの主な登場人物

 

大和 圭介(やまと けいすけ) 主人公。私立栄泉高校水泳部の競泳の選手。実家は和菓子屋。中学時代に100m自由形で3年連続全国3位。その後、芹沢や仲西たちとのライバル関係などを通じて、自由形の選手としても人間としても成長していく。
二ノ宮 亜美(にのみや あみ) 私立栄泉高校水泳部の飛び込みの選手。大和家とは犬猿の仲である和菓子屋の娘。他人の長所を見つけるのはとても得意。当初は圭介を恨み、忌み嫌っていたが…。3月4日生まれ。
仲西 弘樹(なかにし ひろき) 自由形100m・200mの日本記録保持者の大学生。亜美が兄と慕う許嫁的幼なじみ。運転していた車に子供が飛び込んできたところ、避けようとして事故を起こす。
小柳 かおり(こやなぎ かおり) 美杉学園水泳部の飛び込みの選手。インターハイ2位。芹沢裕司の彼女。かつて自分の裸を見たにも関わらず男と誤解した圭介を恨んでいる。当初は、嫌味なキャラクターだったが、次第に圭介に惹かれていく。